figma テーブル美術館 ウィトルウィウス的人体図

公開日: 



figma テーブル美術館 ウィトルウィウス的人体図
コメント:だれもが知っているあの芸術作品が、figmaになって動き出す、それがテーブル美術館です。第五弾となる今作は、「世紀の天才」と呼ばれたレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「ウィトルウィウス的人体図」です。ルネサンス期に描かれたこのドローイングは、人体が持つ様々な‘数’や‘比率’が隠されているとされ、「人体の調和」とも呼ばれる作品です。あらゆる分野にたぐいまれなる才能を発揮した「ダ・ヴィンチ」からの挑戦状を、可動フィギュアで解き明かしてください。
・スムーズ且つキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツで、『人体図』ポーズはもちろん、さまざまなアクションポーズを再現。
・要所に軟質素材を使う事でプロポーションを崩さず、可動域を確保。
・『人体図』ポーズを再現する為の専用パネルや、胸&上腕、太もも、手首など、さまざまなパーツが付属。
・さまざまなシーンを可能にする可動支柱付きのfigma専用台座が同梱。

-- Delivered by Feed43 service

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑